トップページ > 質の良い睡眠に効果のある音楽

就寝前に眠気を促し、熟睡できるようになる音楽とは

音楽を聴きながら眠る女性 睡眠と音楽の関係には深い関わりがあることは以前から広く知られています。
一般的に考えると「音楽なんて聞いてたら眠れない」というのがホンネだと思いますが、そりゃそうですよね寝たいのに寝れないときに音楽聞いてたら逆に神経が高ぶって眠れないかもしれないいし、せっかく眠ったと思ったら耳元で音楽が鳴っているとしたら起きちゃいそうです。
そこで、ここでいう”質の良い睡眠をとるための音楽”とは就寝する前か、お布団に入って寝付くまでの間の入眠までの時間に聞くことで寝つきをよくする入眠効果と熟睡しやすくする効果が期待できる音楽のことです。
みなさんもよくご存知youtubeなどで、よく耳にするヒーリングミュージックもこれに当たります。
しくみはとても簡単で人の脳はリラックスしたときだけ出るα波(アルファ波)と呼ばれる脳波があり脳内をこのα波(アルファ波)にしてあげることで心身をリラックスさせるというものです。
通常私たちが日常生活をすごしているときに出ているのはβ波(ベータ波)で、リラックスして心地よさを感じているときに出ているのがα波(アルファ波)です。
アルファ波(アルファ波)は人や動物の脳が発生する脳波=電気的信号の一部の8~13Hz成分のことを言います。
もっとわかりやすくいうと、大好きな彼との初デートで心はウキウキだけどちょっと緊張気味なときはβ波(ベータ波)で、デスクに向かって会社でお仕事頑張っているときも、ほぼこの状態。
そして、彼ともデートも何度か重ねだんだんと気心知れてきて緊張感よりも居心地の良さが勝ってきた頃には一緒にいる間α波(アルファ波)が出まくってきます。 
いわゆるα波(アルファ波)を促進させる音楽でこの状態にしてあげることで入眠を誘います。
そしてここでも何度も触れている質の良い睡眠は入眠時にグっと深くノンレム睡眠にはいることができるかで大半が決まってきます。寝はじめが肝心なのです。
寝つきを良くし脳と身体をスムーズに入眠にもっていけるように音楽の手を借りてゆったりリラックスした精神状態にすることが目的です。
人それぞれ好みの音楽や、嫌いな音とかありますよね。よく聞く「黒板を爪で引っ掻いたときのキーッて言う音が嫌い」とか…。
でもこれ聞いてもなんとも思わない人もいたり。人が「心地よい」、「リラックス」できるなって感じる音楽なら無理にヒーリングミュージックにこだわらなくても、心身リラックスできる大好きな曲でいいかもしれませんね。

巷でウワサのバイノーラルビートとは

最近の研究ではα波(アルファ波)の他にバイノーラルビートと言う音楽を聴くことでリラックス効果があることがわかってきました。 そもそもこのバイノーラルビートというものは直訳すると「両耳のうなり」。
左右の耳から異なる周波数の音を聞き取ると、脳がその周波数の差につられて脳波をあわせようとすることでリラックスできるのだとか。きになるひとはぜひ一度試してみてください!

その他ニュース

快眠ニュース一覧